fbpx

【サロンのこだわり】どんなに忙しくても、1日3人までしか予約を受けない理由

こんばんは
スクイーズボディプログラム主宰
美体造形家の水野志音です。

 

※5月のご予約は受付終了しています。
6月新規体験会もあと7枠のみです。

ありがたいことに、
4月5月とサロンのご予約は
超満員です。

私の技術がアラフィフ世代の方の
お悩みを解決できるなら
いくらでも頑張れます!!

20181129 写真1.jpg

が、
私のサロンは1日に施術を
お受けできるのは3人までなのです。

こういうと、
「もっと予約を入れられないの?」

「もっと人数を回転させた方が良いのに」

とおっしゃってくださる方も多いのですが、やはり3人しかお受けできないのです。

それはなぜか?

私は常に一定の技術を提供するように
意識しているので、

3人以上の施術をお受けてしまうと
技術にムラが出てしまう可能性が
あるからです。

1人目のお客様でも
2人目のお客様でも
3人目のお客様でも

良い意味で特別なことはせず
一定の技術を提供できるように
日々訓練しています。

特に私の筋膜リリースは
押すだけなので、
シンプルな技術だからこそ
手を抜いた瞬間に
お客様にはバレてしまいます。

以前、某有名美容家さん
(たぶん美容雑誌で見たことがない方はいないくらいの有名な美容家さんです)

「一定の圧をかけ続けることが素晴らしい!エステティシャンが途中に疲れたのかふっと力が抜く人が多い」

とお褒めの言葉を
いただいたことがあります。

そのくらい一定の圧を
かけ続けることができるのって
案外難しいのです。

そして、私の場合は、
技術だけではなくて
サロンの空間作りも
ものすごいこだわりがあります。

銀座サロン.JPG

施術時間よりも
掃除の時間の方が長かもしれません笑

私は予約時間だけではなく、
いらっしゃるまでの間も
ご予約の方の時間だと捉えています。

だから、
お客さまがいらっしゃるまでに
サロンを綺麗にしておくのは
当たり前なのです。

お客さまが帰られた後には、
部屋の空気の入れ替えと
セージで浄化、

床掃除、鏡拭き、
シーツなどタオルを全部変えて、

洗濯して乾燥して
たたむの繰り返し。

技術のムラとは、
サロンの空間作りや
掃除のムラも同じこと。

前回は綺麗だったのに、
今回はなんか空気が淀んでいる

そんなことがないように、
いつも同じを目指しているのです。

とはいえ、私も人間なので、
たまに忘れてしまうこともあります。
時間が間に合わないこともあります。
疲れてしまうこともあります。

そのくらい完璧ではないので、
やはり施術人数を3人と決めて、
1日3人までなら、
一定に保てる自信があるのです。

某大手エステサロンでは
タオルは使い回し、
ビニールシーツを変えるだけ
ゴミがそのままだった
なんてことも聞いたことがあります。

そんなの悲しすぎますよね…。

美しくなるためにエステサロン
を利用するのなら、
サロン側も美しくないとですよね。


  スクイーズボディプログラム

「読むくびれ」 これさえやっときゃ−17cm
自分が褒めたいくびれを創る スクイーズボディメソッド大公開