【LA通信】デブがエステサロンを経営して良いわけがない。

こんばんは。
スクイーズボディプログラム主宰
美体造形家の水野志音です。

LA2日目は、
朝のワークアウトから。

ロサンゼルス ダンス.jpg

モデルのロージーが
産後太りを解消するために
足繁く通っているダンススタジオがあると
7月に雑誌で見つけてから、

いつか体験してみたいと
思っていたので、
まさかこんな急にいけるとは
思ってもみませんでした。

詳しいダンスの内容は
また後日、
レポートさせていただきますね。

こんな話をしてはいけないのかも..
と思いましたが、

もしかしたら、
私と同じ悩みを抱えている人が
いるかもしれないと思い、
今日は全て告白させてください。

 

今日のタイトルには
あえてデブと書きましたが、
これは私のこと。

私はエステサロン勤務から独立し、
自宅サロンを経営するようになってから
お恥ずかしい話、
太ってしまったのです。

理由は、

通勤がなくなり
運動不足になった

集客に悩み、
サロンを経営することに
不安を抱えて

そのストレスから
食べてしまっていた。

これが大きな理由。

独立すると
全ての責任は自分。

その責任の重大さや
経営の不安から

睡眠障害や
いっときの不安を解消するために、
ちょこちょこおやつを食べたりと

やってはいけないことだと
知りながらどうしても変われなかった。

周りの美容業をしている
スタイルが良い人をみては、

 

落ち込んだり
羨ましかったり
私とは違うと言い訳したり

自分で自分が好きにはなれなかった。

師匠である集まる集客®プロデューサー
長瀬さんからは

痩せなさい
痩せた方が良い

と言われ続けていましたし、

長瀬さんの師匠からも、

痩せないと売れない
プロなら痩せろ

といわれ続けていました。

集客に悩んでいる時は
お金がないからできないと
言い訳し、

集客ができるようになってからは
シゴトが忙しいから運動する
時間がない
言い訳し、

できない理由を探しては
正当化させていた自分がいました。

芸能人でもなく
アイドルでもなく
モデルでもないのに、

会うたびに
痩せろと言われ続ける環境って
なかなかないですよね?笑

ですが、
今ならわかります。

今日行ったダンススタジオ
「BODY BY SIMONE」の講師たちは
とにかくみんなが綺麗でスタイルが良い
プロの集団なのです。

ロサンゼルス ダンス2.jpg

だから、通っている人も美意識が高く、
実際モデルが通っているのも頷けます。

どんなにメソッドが素晴らしくても
教えている講師のスタイルや
スタンスに憧れなかったら
通うことはないですものね。

BODY BY SIMONE.jpg

(ブリトニースピアーズやアリアナグランデと一緒にシゴトしていたミシェル先生)

私はそれに比べたら
まだまだですが、

変わりたいと思って
行動を起こしました。

変わりたいと想い、
付き合う人を変え、
シゴトの仕方を変え
生活のスタンスを変え、

とにかくアンテナを張り、
研究し、素直に実践する。

これも全ては
自分のためでありますが、
私と同じ悩みを抱えている人や
門下生に背中を魅せたい!!

プロとして究めたい!!
(将来楽したい笑)

など多くの感情や
1つ1つの小さいことから
全て変えたいと挑戦しているからこその
今このロサンゼルスがあるのです。

私はまだまだ挑戦中なので、
完璧ではない

ですが、
究めることを目指しています。

ロサンゼルス2日目.jpg

今のまま自分なり
とりあえず自分でやってみる
という考えではおそらく一生変わらない。

今できていないから
悩んでいるんでしょ?

だったら一歩踏み出さないと
変わらないですよ?

世の中できない人は
一人もいない!!

できていないのは、
ただほんの少し、
捉え方が間違っているのかもしれません。

私も完璧じゃない。
日々訓練中です。
だからこそ、あなたの気持ちが
一番わかるのです。

これはダイエットしろ
という話ではない。

あなたのシゴトをする
スタンスの話なのです。

私は見た目を変えようと思って
行動しましたが、
あなたは何を変えた方が良いのか?

その答え合わせを
私としてみませんか?

きっとあなたのお役に
立てると思います。

<スマホ電子書籍>

電子書籍第4弾:筋膜リリースであなたのサロンが繁盛する.png
無料ダウンロードはこちら>>>