「大手サロン」の経営者が1番手を抜いてしまうことに「個人サロン」成功の秘訣あり!

こんばんは。
スクイーズボディプログラム主宰
水野 志音です。

本日からスクイーズボディアカデミーを
スタートされた松下 史生子さんの
初回接見でした。

IMG_8060.JPG

昨日のアカデミーに引き続き、
最初にあることを
徹底的に考えていただきました。

それは…

そもそも何を目指しているのか?
そもそもなぜこの仕事を選ぶのか?
そもそもどんな未来を描くのか?
そもそも…

これを”強いやる理由”
と言っているのですが、

この強いやる理由があるのとないのでは、
どれだけ結果が変わるのか?

私は知っています。

なぜなら私が一番
この強いやる理由が見つけられなくて、
何度も何度も苦労してきたからです。

自宅サロンをオープンしてからも
集まる集客®を実践してからも
いつも順調だったわけではありません。

今でもそうですが、
まだまだ自分には足りない部分が多く、
そんな自分に落ち込んだり、責めたり
そんなことの繰り返しです。

何か新しいことを提案してもらっても、
やりきれない自分がいたり。

どこか甘えが出てしまったり、
そんな時に決まって
師匠である集まる集客®プロデューサーの
長瀬 葉弓さんからも

そもそも何を目指しているのか?
といつも問われます。

独身なので、
子供のためとか
何か絶対守りたいものもない

私は何のために
この仕事をしているのか?

どんな人生を送りたいのか?

考えては悩み、
答えがでない自分に苛立ちを感じたり、
いつもいつもこの強いやる理由を
探していました。

 

ですが、考え続けることで
見えてくることがあります。

私の中で強いやる理由の1つは、
両親へ恩返しをしたいということ。

 

ここで少し私の話をしますね。 

私はどちらかというと
両親に甘やかされて
育てられたので、

良いのか悪いのか
ありがたいことに

今までやりたいことや
欲しいものに対して
欲しいと欲が出る前に
与えてもらってきました。

だからか、
これをやりたい!とか
あまり思ったことがない
子供時代でした。

大学卒業後、
初めて入社した会社は
上司と折り合いが悪く
自律神経失調症になり

1ヶ月で8kg痩せて、
一番ひどい時には、
食べたら吐いてしまうような
そんな精神的状況になった時もあります。

ですが、
そんな時でも
両親はいつも私のことを
一番に考えてくれて、

入社して3ヶ月経たずして
退職する時も、
責めることもせず、
暖かく迎えてくれました。

 

好きな仕事である
エステティシャンになってからも、

安月給のため、
特別に両親に
何かしてあげることもできない。

独立してからは、
集客ができずに、

1ヶ月10万円以下の
売り上げしかなかった時も、

やはり両親は
怒ったり、責めたりせず
諦めなさいとも言わず

ただただ、
あなたなら大丈夫。
絶対うまくいくから
信じて、見守ってくれました。

あまりにも
自分にプレッシャーをかけすぎて
精神的にも追い込まれていた時には、

毎日母親から、
「生きている?」と
生存確認のLINEがきたり笑

夜中の泣きながらの
SOSの電話には

時には、
「泣いているなら切るから!
泣きやんでから電話してきなさい」
と叱咤激励をしてくれたり、

何時間も付き合ってくれたりと
想い出すだけでも
涙が浮かんできてしまう想い出ばかりです。

 

そんないつも
暖かく見守ってくれた両親に 
自立して恩返ししたい
これが私の原動力になっています。

そして、
同じエステという
好きな仕事をしているにも関わらず、

時給900円や
月給18万円という 

社会的な地位が低い
エステティシャンを
勝たせてあげたい!

そんな想いが私にはあります。

それが定まったことで
ようやく私の強いやる理由が
みつかりました。

私も起業当初は、
こんな考えなんてありませんでた。

もし今、強いやる理由がなくても
今から見つけていけば良いのです。

そして今、
見つかったらそれを
もっと活かして欲しいと想います。

私にできたのだから、
あなたにだってできる。

 

あなたの強いやる理由を
ぜひこの機会に
考えてみてはいかがでしょうか。