どれだけ頑張って働いても、月給23万円が限界だった墨田区在住26歳の女性の話

5年前は、
1日8人の施術で、
毎日体を酷使して、

どれだけ頑張っても、
月給23万円が限界だった
墨田区在住の26歳の女性が
5年後どう変われたのか。

 

こんばんは。
美体造形家の水野 志音です。 

ある一人の女性が
憧れだったエステティシャンになって
働き出したのは、
ちょうどスカイツリーの
工事が始まった頃。

念願の東京で好きな仕事に
就けただけで嬉しくて、
安い給料でも全く気にならなかった。

憧れのエステという仕事を
しかも東京で働いている
そんな自分がかっこよくさえ思えていた。

 エンダモロジー.jpg

そう、これは
エステティシャンとして働き出した
24歳の当時の私の話。

そこから配属先のサロンで
がむしゃらに働き、
1年後にはチーフとなり、
全店舗スタッフ売上NO1として受賞され、
月間物販MVPにも選ばれました。

好きな仕事だったから、
お客様に喜んでもらえることが
何よりも嬉しかったし、
それだけで頑張れました。

だけど、
全店舗売上NO1になっても
基本給18万円にチーフ手当が2万
おまけに歩合3%だったため、
100万円売り上げたとしても3万円だけ。

どんなに頑張っても当時の私の給料は
月給26万円が最高額でした。

 

押上駅徒歩1分
2DK11万円のマンションに
姉と同居し、
近くの激安スーパーで買う
もやし19円と豆腐30円が
生活を救ってくれていました笑

友達との飲み会はお金がないので
予算3000円以下がマスト!笑

外食に行っても、
値段からメニューを選んでいました。

 

安い給料の上に、
お客様に商品をおすすめするためには、

自分で使ってみないとわからないため、
給料は化粧品やサプリなど
社販で毎月かなり使っていました。

 

それでも頑張れたのは、
好きな仕事だったのと
水野さんだからお願いしたいと
お客様から言ってもらえていたから。

そこから5年、
現在私は31歳ですが、

目黒の3LDKのマンションで
当時の1ヶ月分の給料くらいの家賃ですが、
一人で暮らせるようになりました。

0103.jpg
別に、良いところに住んだ方が良いとか
安い家賃がダメとか言っているのではなく、

好きな場所や
好きなマンションに住むことができ、
値段を気にせず、食べたいものを食べる
この自由に興味がある人は
どのくらいいますか?

しかも、
体を酷使せず。

当時は1日8人の施術をして
頂けていた私の給料は平均23万円。

現在は1日2人施術だけで
頂けている報酬は月に100万円以上。

どちらの働き方に興味がありますか?

私が教えるのは、
体を酷使せずに
しかも好きな仕事をしながら
自由な選択ができる
こんな生き方なのです。

この自由を手に入れられる方法を
今回もあと6名だけ
お呼びしようかなと
考えています。

ただいつ募集するかはわかりません。

 

またメール書きますね。